Parrot OS(Linux)のインストールと最初の設定メモ

October 07, 2020

##Parrot

Parrot OS, the flagship product of Parrot Security is a GNU/Linux distribution based on Debian and designed with Security and Privacy in mind. It includes a full portable laboratory for all kinds of cyber security operations, from pentesting to digital forensics and reverse engineering, but it also includes everything needed to develop your own software or keep your data secure. (ParrotSecurityの主力製品であるParrotOSは、Debianに基づくGNU / Linuxディストリビューションであり、セキュリティとプライバシーを念頭に置いて設計されています。ペネトレーションテストからデジタルフォレンジクス、リバースエンジニアリングまで、あらゆる種類のサイバーセキュリティ操作のための完全なポータブルラボが含まれていますが、独自のソフトウェアを開発したり、データを安全に保つために必要なすべてのものも含まれています。) parrotsec.orgより

##インストール

インストール方法の詳細は「Linux USB」などで調べるとたくさん出てくるので割愛。 公式よりダウンロードしたISOイメージファイルからrufusを使ってライブ USB メモリの作成。Windowsのデスクトップパソコンに増設したSSDにインストールしました。よく分かっていませんが最初からセキュリティツールが入っている「Parrot Security MATE ISO」を使用。

##日本語入力の設定

$ sudo apt install -y ibus-mozc

Ubuntu20.04のMozcでかな切り替えをCtrl+Spaceにする

##Google Chrome How to install Google Chrome in Parrot OS | Linux | Debian

##nvm GitHub

$ curl -o- https://raw.githubusercontent.com/nvm-sh/nvm/v0.36.0/install.sh | bash

$ wget -qO- https://raw.githubusercontent.com/nvm-sh/nvm/v0.36.0/install.sh | bash
##~/.bashrcに追加
export NVM_DIR="$([ -z "${XDG_CONFIG_HOME-}" ] && printf %s "${HOME}/.nvm" || printf %s "${XDG_CONFIG_HOME}/nvm")"
[ -s "$NVM_DIR/nvm.sh" ] && \. "$NVM_DIR/nvm.sh" # This loads nvm

##node.js

$ nvm install lts/Erbium

npm

$ sudo apt-get install -y npm

##yarn

$ curl -sS https://dl.yarnpkg.com/debian/pubkey.gpg | sudo apt-key add -
$ echo "deb https://dl.yarnpkg.com/debian/ stable main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/yarn.list
$ sudo apt-get update && sudo apt-get install yarn

##Git

$ sudo apt-get install git

*GitHubにSSHで接続↓ GitHub Docs

##Docker

$ sudo apt install docker.io docker-compose
$ sudo gpasswd -a $USER docker
$ service docker restart

##VScode

$ sudo apt install curl
$ curl -L https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=760868 -o vscode.deb
$ sudo apt install ./vscode.deb

または

sudo snap install --classic code

##Gatsby CLI

sudo yarn global add gatsby-cli

##AndroidStudio 公式サイトからインストールして展開しておく

`bash:~/Downloads $ sudo mv android-studio /usr/local/ $ cd /usr/local/android-studio/bin/ $ ./studio.sh

##neofetch

$ sudo apt install neofetch

##aptコマンドメモ

##パッケージ一覧を更新(リポジトリ追加・削除時には必ず実行) $ sudo apt update

パッケージを更新(通常のパッケージ更新時)

$ sudo apt upgrade